毒素シンポジウム
トップページ

第43回毒素シンポジウム演題一覧

(O, 口頭発表; P, ポスター発表)

7月22日(月)第一日目

12:25-12:30 開会挨拶    
12:30-14:10 座長:飯田 哲也(大阪大・微研・細菌感染) 外毒素の産生  
  O-1 コレラ菌エルトール溶血毒の発現と活性毒素の形成 ○山本耕一郎,永宗喜三郎,Shatha A. Whayeb,本田 武司 (大阪大・微研・細菌感染)
  O-2 Actinobacillus actinomycetemcomitans におけるロイコトキシン産生の多重制御 ○太田 寛行,加藤慶二郎,福井 一博 (岡山大・歯・口腔細菌)
    外毒素の構造と作用  
  O-3 動物モデルによる Shigella dysenteriae の cytolethal distending toxinの下痢原性の解析 奥田 潤1,福本 学1,竹田 美文 2,○西渕 光昭1 (1京都大院・医学研究科, 2国立国際医療センター)
  O-4 Clostridium septicum α毒素の致死作用機構の解析 ○杉本 央,大西 貴弘,柏木 孝茂,堀口 安彦,片平じゅん,松田 守弘 (大阪大・微研・細菌毒素)
14:10-15:25 座長:小森由美子(名城大・薬・微生物) 外毒素の構造と作用  
  O-5 Helicobacter pylori の産生する空胞化毒素の性状 ○神谷 茂,山口 博之,田口 晴彦 (杏林大・医・微生物)
  O-6 ストレプトリジン O による赤血球膜上のリング構造の超微形態学的解析―その IV― ○関矢加智子1,二重作 豊2,八瀬 清志3,檀原 宏文1 (北里大・1薬・微生物,2医療衛生・形態分析,3通産省・物質工学工業研)
  O-7 ウエルシュ菌α毒素によるリポソーム破壊の解析 ○永浜 政博,道上 敬,小林 敬子,櫻井 純 (徳島文理大・薬・微生物)
15:25-15:40 休憩    
15:40-17:20 座長:松浦 基博(自治医大・微生物) LPS の構造と作用  
  O-8 細菌内毒素多糖部位(O 抗原)多様性の遺伝的背景 ○木藤 伸夫(名古屋大・情報文化・生物システム)
  O-9 Burkholderia pseudomallei および B. cepacia リポ多糖の内部コア糖鎖構造と生物活性 ○川原 一芳1,一色 恭徳1,Ulrich Z撹ringer2,江崎 孝行3,松浦 基博4,中野昌康4 (1北里研・細菌,2ドイツ・ボルステル研,3岐阜大・医・微生物, 4自治医大・微生物)
  O-10 感染防御因子としての LPS 結合蛋白 (CAP18);活性ドメインの構造解析およびエンドトキシンショック治療への新戦略 ○平田 陸正1,横地 高志2,Susan C. Wright3,James W. Larrick3 (1岩手医大・医・細菌,2愛知医大・微生物免疫,3Palo Alto Institute of Molecular Medicine, USA)
  O-11 Porphyromonas gingivalis リポ多糖による生体のアポトーシス応答 ―大腸菌リポ多糖誘導アポトーシスとの共通点と相違点 ○磯貝恵美子1,磯貝 浩2,木村 浩一3,久保田 耐3,横沢 紀子3,藤井 暢弘3 (1北海道医療大・歯・口腔衛生,札幌医大・2実験動物施設,3医・微生物)
17:20-18:10 座長:木藤 伸夫(名古屋大・情報文化・生物システム) スーパー抗原  
  O-12 スーパー抗原性細菌外毒素により活性化された T 細胞の運命 ○今西 健一1,厳 小傑1, 2,黒田耕太郎1, 3,八木 淳二1,李 暁宇1, 加藤 秀人1,藤巻わかえ1,三好・秋山徹1,熊沢 義雄4,内山 竹彦1 (東京女子医大・1微生物免疫,3第二病院歯科口腔外科,2タフト大・医,4北里大・理)
  O-13 スーパー抗原 YPM のサブタイプ分子 YPMb の精製,構造決定およびその性質 ○竹田 多恵1,T. Ramamurthy1,吉野 健一1,池田 紀和1, 2,加藤 敬香2 (1国立小児病院小児医療研究センター・感染症,2クラブコスメチックス)
19:00- 夕食  

7月23日(火)第二日目

9:00-10:00 座長:川原 一芳(北里研・細菌),杉本 央(大阪大・微研・細菌毒素) ポスター説明  
  P-1 大腸菌 O9 多糖構造の多様性 ○諸岡 直樹1,彭 徳子1,小林 秀光2,杉山 剛志3,横地 高志3,木藤 伸夫1 (1名古屋大・人間情報/情報文化・生物システム,2東北薬大・第二衛生, 3愛知医大・微生物免疫)
  P-2 細菌内毒素多糖部位のコア・リピド A への転移に関わる遺伝子の機能解析 ○緩詰えり子,木藤 伸夫 (名古屋大・人間情報・生物システム)
  P-3 単糖体リピド A 類縁化合物によるヒトマクロファージ系細胞に対するエンドトキ シントレランスの誘導効果 ○松浦 基博,中野 昌康 (自治医大・微生物)
  P-4 Nonenteric mucosal pathogen と同様にリポオリゴ糖 (LOS) を産生するビブリオ科細菌 ○井口 毅裕,近藤 誠一,久恒 和仁 (城西大・薬・微生物)
  P-5 スーパー抗原 YPM のリンパ球増殖活性を特異的に阻害するペプチド ○吉野 健一1,高尾 敏文2,石橋真紀子1, 3,鮫島 勇次3,下西 康嗣2,竹田 多恵1 (1国立小児病院小児医療研究センター・感染症,2大阪大・蛋白研・有機化学, 3星薬大)
  P-6 大腸菌易熱性エンテロトキシンのジスルフィド結合の形成と活性発現 ○岡本敬の介1,山中 浩泰1,藤井 儀夫2 (徳島文理大・1薬・生化学,2生薬研)
  P-7 毒素原性大腸菌の産生する LT の B サブユニットの BiogelA5m,糖蛋白質結合に 関与するアミノ酸の解析 ○川瀬 英嗣,加藤 道夫,今村 誠司,辻 孝雄,深山 昭雄 (藤田保健衛生大・医・微生物)
  P-8 腸炎ビブリオ耐熱性溶血毒 (TDH) に対して耐性を示す変異細胞株の単離および解析 ○唐 光慶1,飯田 哲也1,井上 寛一2,湯通堂満寿男2,山本耕一郎1, 本田 武司1 (大阪大・微研・1細菌感染,2腫瘍ウイルス)
  P-9 Vibrio mimicus 溶血毒素の作用機序の解析(II) ○河田 啓重1,Monzur Rhaman1,三好 伸一1,友近 健一1,渡来 仁2, 保田 立二2,篠田 純男1 (岡山大・1薬・環境衛生化学,2医・細胞工学)
  P-10 Vibrio vulnificus Protease の遺伝子解析と大腸菌での発現 ○若江 均,友近 健一,三好 伸一,篠田 純男 (岡山大・薬・環境衛生化学)
  P-11 Helicobacter pylori の空胞化毒素活性を中和するモノクローナル抗体の作成 ○山口 博之,田口 晴彦,神谷 茂 (杏林大・医・微生物)
  P-12 魚類病原菌 Cytophaga columnaris が産生する細胞外マンガンプロテアーゼの精製お よび物理・化学的性状 ○野村 節三,渡邊 正樹,本橋 敦,河原栄二郎 (北里大・水産・水産微生物)
  P-13 慢性硬化性下顎骨骨髄炎より分離した Streptococcus mitis 由来の骨芽細胞障害因子 ○加藤 治郎1,三宅 真実2,高原 正明1,佐藤 研一1,野田 公俊2 (千葉大・医・1歯科口腔外科,2微生物第二)
  P-14 ジフテリア毒素リセプター(膜結合型 HB-EGF)のヘパリン結合ドメインの役割の解析 ○宍戸 裕二1,三田村俊秀1, 2,K. D. Sharma1,目加田英輔1 (1久留米大・分子生命研,2大阪大・微研・分子原虫)
  P-15 ウエルシュ菌α毒素の GTP 結合タンパク質を介するリン脂質代謝亢進作用と溶血作用 ○越智 定幸,橋本 勝史,櫻井 純 (徳島文理大・薬・微生物)
  P-16 ボツリヌス C2 毒素遺伝子について ○久保田 耐1,木村 浩一1,大石 厳2,森石 恆司3,磯貝恵美子4,磯貝 浩5, 藤井 暢弘1 (札幌医大・1医・微生物,5動物実験施設,2日本獣医畜産大・獣医,3国立予研,4北海道医療大・歯)
  P-17 Toxin A 陰性 / toxin B 陽性のClostridium difficile に関する研究 ○加藤 はる,加藤 直樹,渡辺 邦友 (岐阜大・医・嫌気性菌)
  P-18 Clostridium difficile 毒素産生のビオチンによる制御 ○山川 清孝,唐澤 忠宏,中村 信一 (金沢大・医・微生物)
  P-19 タキソールのLPSアゴニストとしての作用:タキソールおよびその類縁化合物のマ クロファージ活性化における構造活性相関 ○切替 照雄1,尾島 巌2,切替富美子1,中野 昌康1 (1自治医大・微生物,2ニューヨーク州立大・化学)
10:00-12:00 ポスター質疑応答    
12:00-13:30 昼休み    
13:30-14:45 座長:加藤 直樹(岐阜大・医・嫌気性菌) 外毒素の構造と作用  
  O-14 ウェルシュ菌θ毒素の膜破壊機構におけるトリプトファン残基の役割 ○中村 愛,鈴木 直子,岩下 淑子 (東京都老人研・酵素生化学)
  O-15 毒素原性大腸菌の産生する LT の A サブユニットのニックとアジュバント活性 ○辻 孝雄1,川瀬 英嗣1,加藤 道夫1,今村 誠司1,深山 昭雄1,岡本敬の介2,一瀬 休生3,浅野 喜造4,横地 高志5 (藤田保健衛生大・医・1微生物,4小児科,2徳島文理大・薬,3長崎大・熱帯研, 5愛知医大・医)
  O-16 Bordetella pertussis adenylate cyclase toxin: 細胞内侵入に必要な領域の,蛋白レベ ルでの相補性試験による解析 ○岩城 正昭1, 2,Peter Sebo2, 3,Agnes Ullmann2 (1国立予研・食品衛生微生物,2パスツール研,3チェコ共和国科学アカデミー)
14:45-15:35 座長:岩本 亮(久留米大・分子生命科学研) 外毒素の構造と作用  
  O-17 Helicobacter pylori の持つ ADP-ribosyltransferase 活性について ○三宅 真実1,平山 壽哉2,和田 昭裕2,永田 広3,牧山 和也3,Joel Moss4, 加藤 巌1,野田 公俊1 (1千葉大・医・微生物第二,長崎大・2熱帯研,3医・第二内科, 4National Institutes of Health, USA)
  O-18 Streptococcus pyogenes の産生するサイクリック ADP リボース代謝酵素 ○唐澤 忠宏,山川 清孝,中村 信一 (金沢大・医・微生物)
15:35-16:00 休憩    
16:00-17:00 座長:中村 信一(金沢大・医・微生物) 特別講演  
    「新しい情報伝達系 The CD38 ― Cyclic ADP-ribose Signalling System」 東北大学医学部 医化学第一講座 教授 岡本 宏
18:00-18:10 総会    
18:10- 懇親会    

7月24日(水)第三日目

9:00-10:15 座長:吉野 健一(小児医療研究センター・感染症) 蛇毒  
  O-19 蛇毒出血因子の一次構造および三次構造のモデリング ○二改 俊章1,谷口 賢二1,益田 勝吉2,小森由美子1,杉原 久義1 (名城大・薬・1微生物,2分析センター)
    毒素受容体  
  O-20 毒素原性大腸菌が産生する耐熱性エンテロトキシン受容体 (STaR) の C 末端領域の性状 ○和田 昭裕1,Philip Ian Padilla1,高元 照子1,長谷川 慎2,松本 和也2, 川野 由紀2,日高 雄二2,倉園 久生3,下西 康嗣2,平山 壽哉1 (1長崎大・熱帯研,2大阪大・蛋白研,3筑波大・基礎医)
  O-21 ボツリヌス B 型神経毒素受容体蛋白シナプトタグミンの毒素認識部位の検索 ○小崎 俊司1,福本佳代子1,西川有理子1,鎌田 洋一1,長木 勇人1, 西木 禎一 2,高橋 正身 2 (1大阪府大・農・獣医公衆衛生, 2三菱化学生命研)
10:15-10:30 休憩    
10:30-11:20 座長:山中 浩泰(徳島文理大・薬・生化学) 外毒素の構造と作用  
  O-22 ボツリヌス progenitor toxin を構成する無毒成分の構造と機能 ○藤永由佳子1,井上 薫1,渡辺 定博2,渡辺 俊弘3,大山 徹4,砂川 紘之4, 武士 甲一4,井上 勝弘3,小熊 恵二1 (1岡山大・医・細菌,2神戸市看護大・基礎医学系,3東京農大・生物産業・生化学,4北海道衛研)
  O-23 ジフテリア毒素の膜通過機構の解析―cell permeabilization を応用して― ○馬田 敏幸,目加田英輔 (久留米大・分子生命研)
11:20-11:25 閉会挨拶