毒素シンポジウム
トップページ

第50回毒素シンポジウム演題一覧

(O:口頭発表、P:ポスター発表)

第1日目(7月9日,水)

13:00〜 受付開始
14:15〜14:20 世話人挨拶
14:20〜15:40(80分)
座長:清水 徹(筑波大・基礎医学系)
病理作用
O-1:
百日咳菌壊死毒の細胞侵入過程の解析と受容体同定への試み
◯堀口安彦、福井 理、三宅眞実 (阪大・微研・細菌毒素)
[Abstract]
O-2:
ウエルシュ菌α毒素のウサギ好中球活性化メカニズム
◯小田真隆1、井狩秀佑1、越智定幸2、櫻井純11徳島文理大・薬・微生物、2藤田保健衛生大・医・微生物)
[Abstract]
O-3:
コレラ毒素やボツリヌス毒素の宿主腸上皮細胞内輸送について
◯藤永由佳子1,2、Anne Wolf3、Chiara Rodighiero3、Wayne Lencer3、有満秀幸1、李 在哲1、阪口義彦1、小熊恵二11岡山大・大学院医歯学総合研究科・病原細菌学、2科技団・さきがけ、3GI Cell biology, Children's Hospital and Harvard Medical School)
[Abstract]

15:40〜16:00 休憩

16:00〜16:55(55分)
座長:金子 淳(東北大院・農・応用微生物)
O-4:
H. pylori VacAの受容体とlipid raftsの関与について
◯中山真彰1、八尋錦之助2、大串賢一1、西義人1、和田昭裕1,3、平山壽哉11長崎大・熱研・病原因子、2千葉大・院・医、3PRESTO, JST)
[Abstract]
O-5:
ガス壊疽菌群コラゲナーゼの基質認識の分子機構について
◯松下 治1、小出隆規2、Jeffrey J. Wilson4、Joshua Sakon4、中村信一3、岡部昭延11香川医大・微生物、2京都大・再生研、3金沢大・医・細菌、4Arkansas大・化学生化学)
[Abstract]
17:00〜18:00
教育講演 座長:飯田哲也(阪大・微研・細菌感染)
大阪大学遺伝情報実験センター ゲノム情報解析分野・黒川 顕 先生
「ゲノム時代の泳ぎかた-ポストシークエンスとバイオインフォマティクス-」

第2日目(7月10日,木)

ポスター発表要旨説明
9:00〜10:00(60分)
座長:松下 治(香川医大・微生物)、向本 雅郁(大阪府大院・農学生命)
新規毒素、精製
P-1:
A botulism case of a 12-year-old girl caused by intestinal colonization of Clostridium botulinum type Ab
◯小林博司1、藤原康司1、斉藤義弘1、大島左希子1、久保政勝1、衛藤義勝1、門間千恵2、北村勝31慈恵医大小児科、2都立衛生研究所微生物部、3国立感染症研究所細菌部)
[Abstract]
P-2:
淡水産ラン藻が産生する肝臓毒、Microcystinの毒性発現
◯伊藤恵美子1、高井章2、原田健一31千葉大学真菌医学研究センター、2旭川医科大学、3名城大学薬学部)
[Abstract]
P-3:
Plesiomonas shigelloidesの産生するコレラ毒素類似タンパク質の精製とその腸管病原性因子としての可能性
◯津川仁1、大友優子1、塚本定三2、大川喜男11東北薬大・第二衛生化学、2大阪府立公衆衛生研)
[Abstract]
P-4:
チオール活性化毒素の溶血機構の超微形態学的解析
◯関矢加智子1、杉本央2、松田守弘3、二重作豊41北里大・薬・電顕、2大阪大・医、3甲子園大・栄養、4北里大・医療衛生・組織/形態分析)
[Abstract]
P-5:
PVL変換ファージの宿主への結合に関与するタンパク質の同定
◯成田佐知子、金子淳、千葉潤一、神尾好是 (東北大院・農・応用微生物)
[Abstract]
P-6:
植物病原細菌Erwinia carotovoraのphage-tail-likeバクテリオシン - 構造、遺伝子、ファージとの関連性-
◯金子淳、廣田衛彦、Nguyen AH、新美喜子、冨田敏夫、神尾好是 (東北大院・農・応用微生物)
[Abstract]
P-7:
結核のトキシン‐アンチトキシンシステムの同定
◯関口純一朗、切替照雄 (国立国際医療センター研感染・熱帯)
[Abstract]
P-8:
ヒト抗体ライブラリーより単離された抗ジフテリア毒素中和抗体の中和活性の比較検討
◯高橋 剛1、柿田麻衣2,3、鈴木和宏2,3、森野和彦2,3、辻 孝雄1、黒澤良和2、小宮貴子4、高橋元秀41藤田保健衛生大・医・微生物、2藤田保健衛生大・総医研・免疫、3抗体研、4国立感染研・細菌)
[Abstract]
P-9:
肺上皮細胞・マクロファージのエンドトキシン応答とβ-defensinの発現制御
◯石井(堤)裕子、長岡 功 (順天堂大・医・生化二)
[Abstract]
P-10:
腸炎ビブリオセリンプロテアーゼの血管透過性亢進活性
◯三好伸一、渡辺浩文、篠田純男 (岡山大院・自然科学・薬学)
[Abstract]
P-11:
ウエルシュ菌β毒素のオリゴマー形成と細胞障害作用の関係
◯永浜政博、林 慎也、森光伸介、小林敬子、櫻井 純 (徳島文理大・薬・微生物)
[Abstract]
P-12:
Streptococcus dysgalactiae由来マイトジェン(SDM)のウシT細胞に対するスーパー抗原活性の検討
◯Mwaka Monze1、加藤秀人1、林智人2、安部良2、三好(秋山)徹1、内山竹彦1、今西健一11東女医大・医・微生物免疫、2東京理科大・生命研・免疫生物)
[Abstract]
10:00〜10:15 休憩
10:15〜11:15(60分)
座長:村山 信浩(昭和大・薬・薬剤)、和田 昭裕(長崎大・熱研・病原因子)
P-13:
Clostridium perfringens ε毒素の活性化と標的細胞膜の性質
◯宮田 茂1、松下 治1、南 純三朗2、玉井栄治1、嶋本聖子1、岡部昭延11香川医大・分子微生物、2香川県立医療短大)
[Abstract]
P-14:
Helicobacter pyloriの産生するVacA 毒素受容体 RPTPβ の結合領域の解析
◯八尋錦之助1、和田昭裕2, 3、中山真彰2、倉園久生4、野田公俊1、平山壽哉21千葉大・院・医、2長崎大・熱研、3PRESTO, JST、4岡山大・医)
[Abstract]
P-15:
Aeromonas sobriaセリンプロテアーゼの活性構造構築過程の解析
◯小林秀丈1、野村知彦1、藤木博太1、岡本敬の介21徳島文理大・薬・生化学、2岡山大・薬・分子細胞薬品科学)
[Abstract]
P-16:
C群およびG群レンサ球菌に存在するスーパー抗原類似性遺伝子SPEGGの解析
◯趙 吉子、三好(秋山) 徹、内山 竹彦 (東女医大・微免)
[Abstract]
P-17:
大腸菌耐熱性エンテロトキシンの菌体外分泌と外膜タンパクTolCの機能
◯森貞尚之1、山中浩泰1、藤木博太1、岡本敬の介21徳島文理大・薬・生化学、2岡山大・薬・分子細胞薬品科学)
[Abstract]
P-18:
ストレプトリシンOファミリー細胞溶解毒素のundecapeptide領域保存配列とコレステロールの相互作用
◯長宗秀明1、伊藤 亘1、龍田季代子1、大倉一人2、前田拓也1、高麗寛紀11徳島大・工・生物工、2名大院・生命農)
[Abstract]
P-19:
ファーウエスタン法によるボツリヌスC型およびD型神経毒素受容体の性状解析
◯塚本健太郎、竹内くみこ、幸田知子、向本雅郁、小崎俊司 (大阪府大・院・農学生命)
[Abstract]
P-20:
ボツリヌスB型神経毒素が認識する受容体結合部位の解析
[Abstract]
P-21:
ラット小脳顆粒細胞におけるボツリヌス神経毒素及び一酸化窒素の作用
◯津々木博康1、居原秀2、幸田知子3、向本雅郁3、小崎俊司31大阪府大・理学系研究科、2大阪府大・総科・分子生物、3大阪府大・院・農学生命)
[Abstract]
P-22:
MRSAの産生するSET蛋白の機能解析
◯加藤秀人、今西健一、馬場理、黒田誠、平松啓一、内山竹彦 (東女医大・医・微生物免疫)
[Abstract]
P-23:
毒素原性大腸菌の産生するLTのBサブユニットは胸腺由来のγδT細胞を増加させる
◯辻 孝雄1、佐々木慶子1、越智定幸1、横地高志21藤田保大・医・微生物、2愛知医大・免疫微生物)
[Abstract]
P-24:
ジフテリア毒素ミュータントCRM197が有する毒性について
○陰山卓哉、目加田英輔 (阪大・微研・発生遺伝)
[Abstract]
11:20〜12:00
特別講演 座長:本田武司(阪大・微研・細菌感染)
大阪大学名誉教授・岡田善雄 先生
「土俵の内と外」

12:00〜13:00(20分) 昼食

13:00〜14:20(80分)
座長:滝本 博明(北里大・理・生体防御)
O-6:
O-Untypeable腸炎ビブリオKX-V212株の内毒素リポ多糖(LPS)の化学的・血清学的性状
◯一色恭徳1、橋井則貴1、井口毅裕2、近藤誠一11城西大・薬・病原微生物学、2城西大・薬・医療栄養)
[Abstract]
O-7:
Cathelicidinファミリーの殺菌ペプチドCAP11による好中球アポトーシスの制御 -エンドトキシンショックにおける好中球のアポトーシスにおよぼす影響-
◯長岡 功1、石井(堤)裕子1、廣田聡子1、田村弘志2、平田陸正31順天堂大・医・生化学第二, 2生化学工業, 3まつぞの薬局・自然免疫)
[PDF]
O-8:
mitogen and stress-activated protein kinase 1 (MSK1)抑制によるLPS刺激RAW 264.7マクロファージ細胞のアポトーシス誘導
◯横地高志、Mya Mya Mu、杉山剛志、小出直樹、吉田友昭(愛知医大・医・微生物免疫、難治感染症研究センター)
[Abstract]

14:20〜14:40 総会
14:40〜16:00(80分) ポスター討論
16:00〜19:00 自由時間
19:00〜21:00 懇親会

第3日目(7月11日,金)

9:00〜10:20(80分)
座長:杉山 剛志(愛知医大・微生物免疫)
O-9:
ベロトキシンを無毒化する物質について
◯田頭素行1,2、八尋錦之助2、岩丸祥史2、三宅真実2、盛永直子2、Joel Moss3、野田公俊21アサヒビ-ル・未来研、2千葉大・院・医・病原分子制御、3NIH・NHLBI)
[Abstract]
O-10:
結核菌糖脂質の生物活性
◯滝本博明1、矢野郁也2、熊沢義雄1(1北里大・理・生体防御、2日本BCG研究所・中央研究所)
[Abstract]
O-11:
Cytolethal Distending Toxin B subunitの機能解析
◯西久保周一、小原 勝、井倉正枝、栗原英見、菅井基行(広島大院・医歯薬・細菌学, 歯周病態)
[Abstract]

10:20〜10:30 休憩

10:30〜11:50(80分)
座長:八尋 錦之助(千葉大院・医・病原分子制御)
O-12:
ウェルシュ菌の毒素産生を制御するquorum sensing機構の解析
◯清水 徹、大谷 郁(筑波大学・基礎医学系)
[Abstract]
O-13:
新型ブドウ球菌エンテロトキシンR (SER) 遺伝子の同定とその存在様式
◯重茂克彦1、胡 東良2、高橋−重茂浩美3、中根明夫2、加藤秀人4、今西健一4、内山竹彦4、品川邦汎11岩手大・農・獣医、2弘前大・医・細菌、3放医研・研究基盤、4東京女子医大・医・微生物免疫)
[Abstract]
O-14:
腸炎ビブリオの細胞毒性に関与する因子の解析
◯飯田哲也、朴 権三、小野貴博、六田光洋、本田武司(阪大・微研・細菌感染)
[Abstract]

11:50〜11:55 世話人挨拶
           閉会